結婚に対する不安

日本では、結婚をする年齢が、年々上がってきています。
また、結婚をしないという選択をする方も、男女ともに多くなってきています。
これには様々な理由が考えられますが、その中のひとつとして、やはり結婚に対する不安があるのではないでしょうか。

 

不景気と言われるようになって、日本における平均年収は目に見えて減りました。
生活していくために、経済的な安定を求めるのは当然です。
また、子供を生むことを考えると、新婚当初はふたりで働いたとしても、妊娠出産のために女性が仕事を辞めることになる場合もあります。
もちろん、産休育休を取って出産後も働くことができる場合もありますが、想い描いている将来の画が「仕事を辞めて家庭と子育てに専念したい」というものであれば、やはり男性の収入だけで生活していきたいと考えるでしょう。

 

また、お互いの義両親との付き合いに不安がある場合もあるでしょう。
経済的なことや人柄や、単純に合う合わないもありますね。

 

好きな想いで付き合ってきて、結婚を意識するようになって、そこから見えてくるものもあります。
「この人を一生想うことができるだろうか」
「家事や育児は大丈夫だろうか」
「結婚することで関係が変わってしまうのではないか」
「遠距離恋愛からの結婚で、遠方へ引っ越してもやっていけるだろうか」
「どんなに好きでも、人と暮らすことが煩わしくないだろうか」
などなど、本当に様々な不安を抱くでしょう。

 

結婚が具体化して、そういった不安が急に湧いて来ることを『マリッジブルー』と言います。

 

不安を払拭できない場合、どうしたら良いでしょう。
もちろん、保留にして考え直すこともできます。
しかし、ほとんどの場合は、気持ちが振り子のように揺れている状態ではないでしょうか。
その解消法のひとつとして、相手に相談するということを挙げて考えてみましょう。
相談したときに、相手の方が悩んでいることに対してきちんと向き合ってくれるか、というところが大切な焦点になるのではないでしょうか。
人生には、いろいろな不安や悩み事が必ずあります。
そのとき、どんな風に対応するのか、どんな風に乗り越えるのかは、非常に重要ですよね。

 

真摯に向き合って、納得できる対応が見られれば、例えその不安がすぐに具体的に解消できなくても、結婚はGOサインではないでしょうか。

 

結婚に限らず、生きていく上で、悩みも不安も付き物です。
そのまま進むにしても、やめるにしても、ご自身の乗り越える力も大切ですね。

 

>>なぜバツイチ子持ちでも理想の男性と再婚できたのか?シングルマザーの婚活