結婚の条件

結婚を考えたとき、条件を挙げるとしたらどんな条件を挙げますか?
お互いの間に愛情があることは、もちろんですね。

 

女性の場合、男性の年収を条件のひとつとして考える場合がありますね。
もちろん収入は重要です。
しかし、その収入が一生続くとは限りません。
いつどこでどうなるのか、人生は分からないことのほうが多いのですから。
増して、この不景気です。
継続している不景気の中で、高収入が持続されることを期待するのは、多少の無理があります。

 

では、収入面においての保障がないのであれば、どこに目をつけたら良いのでしょうか。
『仕事に対する意欲』です。
男性の仕事に対する意欲は、とても大切です。
例えば、いま勤めている会社が倒産することも、今の時代では有り得ないことではありません。
大企業が倒産する時代です。
職を失ったとき、ただ狼狽えてオロオロするばかりでは、生活していくことはできませんね。
生きる力がある人は、一度は落ち込んでも逆境へ立ち向かっていくものです。
女性に関して言えば、旦那さまが職を失ったときに、いかに現実的に行動できるかが大切です。
落ち込んで、夫の稼ぎだけをアテにしているようでは、一生を共にするには問題があります。
いざというときは、自分が支える!くらいの頼もしさは欲しいですね。

 

しかし、お金の遣い方が間違っていては、どうしようもありません。
借金癖や生活に影響があるほどのギャンブル、金遣いの荒さなど、お金の遣い方は結婚前にしっかりと見極めましょう。
これも、男女ともに言えることですね。
生活していく上で支障を来たすようなお金の遣い方では、結婚生活が成り立ちませんし、お金の遣い方は簡単に変わるものではないということも覚えておきましょう。

 

また、一緒にいることで緊張したり、威圧感を感じることはありませんか。
結婚は一生です。
なんでも話せる気を許せる関係であることは重要です。

 

相手の家族との関係はどうですか?
結婚すればなんとかなる、という考えは捨てたほうが良いでしょう。
どんなにパートナーが良い人でも、その家族に問題があって離婚するケースも少なくありません。
やはり、見極めが必要です。

 

女性の場合は、「男の胃袋を掴め!」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
家事ができる女性は、魅力的です。
当たり前の日常生活の中で、毎日の食卓が美味しい物でいっぱいであれば、それだけで人は幸せを感じることができるでしょう。

 

まだまだ条件はあるでしょう。
このように、結婚には様々な条件が挙げられますが、それは幸せの条件とイコールではありません。
なぜなら、幸せは『誰かにしてもらうもの』ではなく、また『誰かが決めること』でもなく、『自分で感じること』だからです。
お互いがお互いの幸せと、もちろん自分の幸せを、いつも当たり前のように考えられると良いですね。

 

>>なぜバツイチ子持ちでも理想の男性と再婚できたのか?シングルマザーの婚活