私の「離婚」に対するイメージ

私は離婚どころか結婚すらしたことがない者ですが、自分なりに離婚に対するイメージを持っています。子供がいない場合はポジティブな離婚ということも想像がつきますが、子供がいる場合はとても苦しいものにならざるを得ないと思っています。 母子家庭や父子家庭が増えているご時世ではありますが、それでも子供には母と父のいる家庭で育てたいというのが一般的な考えでしょう。経済的にも、親と子供双方の精神的にも、片親になるというのは厳しいことなのだと思います。 特に、離婚をする際には家庭裁判所を経ることになると思うのですが、大きいお子さんの場合は、本人の意思を確認することになると聞いたことがあります。未成年ですので法廷では法定代理人に任せることになるということですが、当然に本人の意思確認は行うようです。 そのときの両親の気持ちを考えてみると、胸が張り裂けそうになります。自分の子供の口から判断を聞いてしまうわけですから、これほど苦しいことは他に思いつかないぐらいです。特に母親の方は、自分で産み、自分で育て、ずっと子供のことを見てきた身である人が多いでしょうから、その思いは父親よりも大きいものであると思います。 ネガティブな話をしてきましたが、離婚後の子供については結構ポジティブな考えも持ち合わせています。私の知り合いに親が離婚した人がいたのですが、彼は親思いで責任感が強く、周囲の子達よりはるかに大人びていました。あくまで私の経験上の話ではあるのですが、親が離婚することが子供にとって良い方向に流れるということもあるのではないかと思います。 >>なぜバツイチ子持ちでも理想の男性と再婚できたのか?シングルマザーの婚活