離婚が生む子供の闇

離婚をしてしまえば、お互いの生活環境を支配せず暮らしていく事が出来ます。 夫婦のみの場合は、すっぱりいくでしょう。 しかし、夫婦の間に子供がいる場合はどうでしょう。 母親につくか、父親につくか。はたまた、施設に行くのか。 究極な選択を強いられるでしょう。まだ小さい内は、母親につくことが望ましいと 世間的には思われるでしょう。 しかし、自我が確立された思春期以降の場合はどうでしょう。 夫婦のみの場合の様にはいかないでしょう。 どちらにつくかつかないか。 そんな選択をするために、夫婦は子供に対して お互いのマイナスな部分を見せつけるでしょう。 それが、子供にとってマイナスな気持ちになりうる 闇だとしかならないと、知らずに行うでしょう。 離婚とは、夫婦が違う場所で再び生活して行く事です。 円満に離婚する人ばかりとも限りません。 お互いをいがみ合いながら、離婚を選択する人も居ます。 そう選択せざる負えないと考えた時、真っ先に考えるべきは 子供の事です。 子供が再び同じ生活を同じ精神状態で過ごせる様に、負担をかけない 離婚の方法を選択しなければなりません。 それが、離婚する両親の子供に対しての愛情だと考えるからです。 少なくとも、愛情があり結婚をし2人の間には子供ができたのですから 子供に対しての愛情を、無くしてしまっても お互いの我儘のために、子供が犠牲になってしまうことを両親は忘れてはならないでしょう。 その為には、お互いできちんと話し合いをし、最善な策をとるべきでしょう。 離婚とは、子供に対しての無意識的に操作する闇。 きちんと向き合い進めるべき事です。 今一度離婚すべきなのか、子供の寝顔を見つめ考えましょう。 >>なぜバツイチ子持ちでも理想の男性と再婚できたのか?シングルマザーの婚活