離婚に対する考え方とイメージについて

私は結婚も離婚も経験がないので、あくまで他人事なんですが一言でいうなら大変そうというイメージがあります。結婚だって1年くらい前から式場を予約して様々なことを決めて準備をするので、そこまでして結婚したいのかなと思うくらいなんですが、それでも近年は家同士の結婚ではなくなった分簡略化しているそうです。しかしそれでも結婚はまだ明るい未来を見据えてするので手間さえも楽しいのかもしれませんが、離婚に関してはそうはいきません。結婚も離婚も双方の合意が必要とは言え、揉めるのはやはり離婚の方ですし、片方が離婚したくないケースは尚更泥沼化していきます。 離婚裁判とか、代理人を立てて争っているなんてのを聞くと幸せな結婚を夢みた男女が何故こんな風になってしまったんだろうかと思わざるを得ないのですが、近年離婚率も高くなってきていて、4組に1組が離婚する時代なのだそうです。でも離婚率が上がったのは女性の社会進出が背景にあると言えます。一昔前は女性は結婚しないと生きていけない時代でした。当然離婚したら生活が成り立たないし、実家に戻るしか道がないとなれば、只管我慢して結婚生活を続けるしかなかったのです。しかし今は女性だって働く場所はあるので、嫌なことを我慢して結婚生活を続ける理由がないのです。確かに子供のことを考えると簡単に離婚はしにくいかもしれませんが、仲が良くない両親に育てられるよりは片親でも愛情をたっぷりかけて育てた方が家庭環境は良さそうです。 >>なぜバツイチ子持ちでも理想の男性と再婚できたのか?シングルマザーの婚活