離婚は結婚よりも何倍も疲れる!!

最近では、『離婚』される夫婦も多いですよね。子供をお持ちの家庭ですと、夏休みと冬休みといった長期休みや、年度末になると学年のなかでも何組か離婚してしまったという噂を耳にします。 そして、私の母の世代に言わせると『昔よりも簡単に離婚するようになったね』というのが本音だそうです。昭和の妻は、辛くても子供の為に耐え忍ぶのでしょうか…でも、やっぱり、それなら離婚してぞれぞれが笑顔で暮らせる方がいいと私は思います。 そして、離婚は、結婚よりも何倍も疲れるということを聞いたことがあります。 実際に、離婚した友人に聞いても、調停裁判などが長引いて、離婚が成立するまでにかなり時間がかかると聞きました。 そして、お子さんがいると親権の問題もありますよね。また、持ち家ならば財産分与もややこしいですよね。離婚したいと思っている夫婦ですから、話がスムーズに進むわけもありません。 実は暮らしている中で起こるライフイベントには必ずストレスが生じます。もちろん、それは嬉しいことにも起こりうることです。ですから、結婚という幸せなイベントにもストレスがかかります。 ストレスを数値化しているサイトによると結婚でストレス50、離婚ですと、なんとストレス73という数値です。ストレスランキングでも、配偶者の死(ストレス100)に継ぐ、第2位に位置しています。 離婚が増えた、あっさり別れると思われがちですが、離婚に至る経緯や、離婚をするという事自体で相当のストレス、疲労が生じるようです。 ですから離婚をするには、結婚をするよりも何倍も、何十倍も大変ということです。 そんな大変なことを決断したのですから、きっと幸せが訪れると信じたいですよね。 >>なぜバツイチ子持ちでも理想の男性と再婚できたのか?シングルマザーの婚活